株式会社三幸医療酸素|医療機器 麻酔器/電気メス

pageimg

麻酔器/電気メス

麻酔器

ドレーゲル Fabius® plus (ファビウス プラス)

image ヘルスケア環境はますます複雑化しており、新しい課題も次々とうまれています。ドレーゲルは100年以上に渡ってお客様と密接に協力し、お客様のニーズを予期することに努めるとともに、経済的、効率的、かつ効果的な患者さんケアを可能にするソリューションを求めてきました。 新しいファビウスプラスは、簡便でコンパクトな設計でありながら、実証された最高レベルの人工呼吸技術を提供します。ガスモニタリング機能を含むモニタリングシステム、ニーズに合った換気モードの提供、2 種類の気化器の設置など、ファビウスプラスでは幅広いオプションを利用して、より高機能で経済性の高い麻酔ワークステーションへのアップグレードも容易に行うことができます。

アコマ医科工業 dry-a

image -

アコマ医科工業 Isepo

image スリムなボディと機能性の融合。徹底したセーフティポリシーのもとに設計。
使いやすさと安全性を追求した呼吸回路
自動/手動切換コックを標準装備
搭載されたリリーフ弁により圧損傷を防止
流量計はO2、AIRの二本立て
視認性の良いポジションに麻酔用人工呼吸器を搭載
本体下部にはエアーコンプレッサー搭載可能(コンプレッサーはAIR流量計とAssistの駆動ガスとして利用可能)
それぞれの施設にあった余剰ガス処理が可能

電気メス

コンメド システム5000

image システム5000は水中切開・凝固に適したFluidモード(フルイッドモード:水中切開・凝固専用のモード)、内視鏡下手術用のLap モード(ラップモード:内視鏡下専用のモード)の2つの専用モードを開発しました。
モノポーラセクションにおいては4つの切開モードと3つの凝固モードに加え微細な切開操作を可能にするパルスカット、広範囲で低侵襲な止血を可能にしたパルス凝固を搭載し新しい電気外科手術を提案する高性能電気メスです。
コンメド社は手術室スタッフへのグループインタビューを通して新しく使いやすい専用カートを開発しました。この専用カートは軽量でコンパクトなボディに大型バスケットを採用しています。
電気メス本体には清掃が容易に行えるフラットな操作パネルを採用し、また接続部にはライトを設置することで内視鏡下手術におけるアクセサリー交換作業を確実に行えるようにしました。
システム5000には内視鏡下手術における安全を高めるため、新しい電圧制御機能を持ったLapモードを搭載しました。
出力アクセサリー接続部にはアダプターを必要としないReadiPlug(レイディプラグ)機構を開発し安全性と信頼性を向上させました。
また、切開・凝固性能を向上させた新しいESPテクノロジーは出力状態も併せて監視しており、機器内部の異常を検知した場合には直ちに出力を停止し安全を確保します。
image

▲ ページトップ